少しの工夫をするだけでお願いが通りやすくする方法〜せどりでも使えます〜

どうも、iidaです!!

 

今回は、知っているだけでメチャンコ得するお願いが通りやすくする方法を解説しています。

あんたが何か他人にお願いをするときにどうしていますか?

ただ、〜してほしい。と言って通るお願いもありますが、通らないお願いもあります。

 

では、例をあげていきます。

あなたが会議に使う資料のコピーをとりたいとします。しかし、コピー機に先客がいるとします。

しかし、会議の時間が迫ってきています。

そこで、コピーの順番を譲ってほしい時に下記のどちらが通りやすいと思いますか?

 

1、『すみません、、、コピーとりたいんですけど、よろしいでしょうか?』

2、『すみません、、、3分後に始まる会議で使う資料をコピーしたいのですが、よろしいでしょうか?』

 

では、答えです。

2番目の『すみません、、、3分後に始まる会議で使う資料をコピーしたいのですが、よろしいでしょうか?』です。

 

何が違うと思いますか?

相手にお願いを聞いてもらうコツは『理由づけ』をすることです。

実際、僕はこれを知ってからお願いする時に、この『理由づけ』をすることでお願いが断然通りやすくなりました。

 

僕はこの『理由づけ』威力のすごさに良い意味でビビっています。

 

では、色々な場面を想定して、考えていきますね。

・席を譲ってほしい時

『すみません、、、、ちょっとめまいがするのですが、席を譲っていただいてもよろしいでしょうか?』

・夫に買い物を頼む場合

『ごめんね、、、私、今日足が痛いから大根を買ってきてくれない?』

・親にスマホを買ってもらう

『みんなスマホ持ってて、持ってないと話についていけないんだよー』

 

100%通るお願いじゃないかもしれませんが、

めまいがするから、足が痛いから、話についていけないから

何かしらの理由づけ』をする事でただお願いするより結果が違ってきます。

 

ではせどりで考えていきます。

もしあなたが利益が出る商品が見つ買って店員さんに在庫を集めてほしい時があるとします。

その時に

・すみません、、、他店の在庫を取り寄せてほしいんですけど、、、

・すみません、、、、仕事で使いたいので他の店舗に何個か在庫あったりしますか?

 

という風に後者の方が理由づけ』されてあって要求が通りやすくなります。

 

という事で理由づけ鬼重要の話でした。


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です