やばい!カレーの国インド・ジャイプルでヒンドゥー教徒にファーストキスを奪われた

どうも!iidaです!!

 

インドを旅していると何が起こるかわからない。

そんなすごい国、インド。

 

インドについて改めて少しだけ、、

 

三角形!!

というイメージを僕は中学校の時から持ってます。

中学校の時はカオスな国とは思ってなく、カレー食べてるんだろうなというイメージしかなかった。

ということで有名な話があるかもしれませんが、僕が興味あるところだけ抜き取ったインドについてのお話を少し紹介しますね。

 

◎南アジアに属している。

僕は南アジアという存在があるのに気づいたのはインドを旅する前。

南アジア?聞いたことない。。。。南アジアに属している国は、インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブだそうです。

東南アジアはよく聞くんですけどね。南アジアはピンとこない。また忘れるだろう。

 

◎世界第2位の人口を誇る(2018年2月現在)

おおおおおおおお!世界2位!すごいな、インド!なんと13億1105万人です。少子化とは無関係。

日本は1億2657万人なので明らかにレベルが違いすぎる。でも意外や意外。日本は世界11位の人口数です。意外と多い。

イタリアとかフランスとかはもっと人口少ないんですよー。意外ー。

インドは確かに人が多かったなー、日本の満員電車も人多いけど!

↓満員バス。死ぬ気で乗らないと乗れません。日本のバスは平和ですね。ドア閉まりますから。

ちなみに人口1位はどこか分かりますよね?そうです、中国で、13億8392万人です。

ということは人口が多い国1位と2位が、僕が行った国の中で面白かった国の2つです。

この2つの国は僕は中毒になっていて、また行きたくなります。生ぬるい僕に刺激をくれます。

人口の多さとクレイジーさは比例するのか、、、。

 

◎ヒンドゥー教徒が8割

ヒンドゥー教徒は世界で3番目に多いです。しかし、ヒンドゥー教徒の大半はインド人です。理由は先述の通り、インドの人口が多いから。

ヒンドゥー教の特徴として、牛は神様(シヴァ神)の乗り物だとされていて、神聖な生き物とされているため牛肉は食べません。

インドでは牛が街中を歩いているという不思議な光景を見ることが出来ます。

街中に牛のう○こが落ちていて、踏んだら気分が落ちるというゲームをやらされているようでした。

日本では神様の乗り物の肉がバクバク食べられています。(←知っていたらすみません)

 

 

◎憲法により禁止されたはずのカースト制度による差別が、、、

カースト制度、わかりやすく言うと階級制度。1950年に憲法でカースト制度による差別は禁止されました。

しかし、インドの地方の村ではこの差別がまだ根強く残っています。

この差別による悲しい事件が起きています。

それはまたあとで話しますね。

 

日本人3人でのインド旅行が始まった

 

さて、話をタイトルのファーストキスの話に戻します。

ファーストキスと言っても僕の話ではないです。

でも、もっとひどい話です。

インドを旅した時は、日本人3人と行動していました。

 

僕を含めた男2人、女1人のメンバーです。

バラナシからの電車の指定席が偶然同じだった3人です。

 

その1人の女の子は前にベトナムで宿が一緒だった女の子でした。

超偶然!何も意図せず、インドの同じ電車の同じシートになったのです。

 

世界一周あるあるです。どこかで会った人とまた偶然ばったり会うというあるある。僕も何回か経験しました。

 

僕ら3人は行きたいところが一緒だったため、共に行動することを決めて、協力してインドというクレイジーな国の荒波に揉まれながらも、次の街、次の街へと歩みを進めていきました。

誰かが困った時は助け合っていました。困難を乗り越えるたびに、絆は深まっていくばかりでした。

しかし、事件は起こるのでした。。。

 

ピンクシティ・ジャイプルにて

 

ジャイプル?どこらへんだっけ?って僕はいつも忘れてしまうのでまた地図で確認します。

ニューデリー・アーグラが近ぇっすね。あのかの有名なタージマハルはアーグラにあります。(知っている人はすみません)

僕はタージマハルに行くのが夢でしたが、アーグラにあるとは思わなかったです。

タージマハルに行った後もアーグラという地名を忘れてしまうという、、、、あー覚えづらい。。。

また、話がどっか行きそうになりました。

 

ジャイプルは別名ピンクシティーと呼ばれていますが、そこまでピンクピンクしていたかというと正直そこまではという印象。

でも、ピンクシティーと言えと言われたらピンクシティーと呼ぶしかない。

↓有名なやつ。マジで凝ってるデザイン。

素晴らしいデザインすぎてアップでしか撮ってないということに後から気づきました。

ジャイプルにはアンベール城という世界遺産もあります。世界遺産お好きな方は合わせてどうぞm(_”_)m

アンベール城は登るのが若干大変でしたが、でけー建物でしたね。おー偉大っていう。(←表現が稚拙すぎる)

 

ジャイプルを出発、、、悲劇が、、、

 

ジャイプル観光を終えた僕たちはジョードプルという別名ブルーシティーと呼ばれる街へ向かうことになりました。

ジャイプル観光をするときに、オートリキシャを運転してくれた人がバス停まで送って行ってあげるよと言われました。

せっかくだから僕たちはその運転手にお願いしました。

 

僕たちは油断していました。

滞在していた宿から出る時に、僕たちは先に階段を降りて行きました。

女の子は一番最後に降りて来ました。その女の子は降りてきた時に少し様子がおかしかったんです。

僕は心配になり、その女の子に『どうしたの?大丈夫?』って聞きました。

 

そうすると彼女はこう答えたのです。

僕らが目を話した瞬間に運転手はその女の子に無理矢理キスをしたというのです。

 

なにぃぃぃぃぃぃぃぃ!!許せん!!

しかし、もうその運転手はどこかへ行ってしまったよう、、、。。

 

僕は自分で自分を責めました。やってしまいました。油断しすぎていました。ここは外国。しかもインド。

女の子から少しでも目を離してはいけませんでした。

 

バスに乗ってジョードプルを出発。バスの中では僕の横でその女の子はずっと泣いています。

元気付けようと思ってもインド人にファーストキスを奪われた女の子を元気付ける技は持ち合わせていません。

後から聞いた話によると、その女の子はインド人に無理やりされたキスがファーストキスだったという、、。

ごめんよ。。。。。。目を離してしまってほんとごめんよ。。。。

 

僕は放っておいてあげるのがいいのかもと思いましたが、隠し持っていたガチャピンの人形を取り出して、彼女の膝に載せました。

そうすると、少し笑ってくれました。

『なんで、ガチャピン持ってんの?w』

って言ってくれてやっと喋ってくれました。

 

そうして、少しずつ喋ってくれるようになりバスの中でさっきの事件について話してくれました。

そして、謝罪しました。インド人から守ってあげられなかった、ごめん、、、、。

 

今では、3人でこのインドの旅のことを話すと、彼女はこの一件を笑ってネタにしています。

日本で3人で会ってあの時は面白かったねーと過去の強烈すぎる思い出話をするのでした。

でも、ほんと大変だった。。。。

インド人の性欲すげー!!

 

 

 

 


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です