せどりの外注のススメ。募集方法は?外注してしまえば楽勝。時間増えまくる。

どうも、iidaです。

今回はせどりの外注について書いていきたいと思います。

 

僕が外注化した理由

 

僕はせどりを始めてしばらくは一人でやっていました。

しかし、仕入れる量が増えていくにつれて出品作業がツラくなっていったんです。

仕入れた後、少しゆっくりしたいと思っても出品やらなきゃいけないという忙しい毎日を繰り返していました。

それでもサラリーマンの時よりは圧倒的に楽でしたけど笑

 

でも、もっと楽したいという気持ちに駆られてきました。

外注した後は超楽になりました。

 

外注化する前の心理

 

外注する前ってすごい怖いんですよね。

外注費で赤字になったらどうしよう。

外注さんが失敗して出品したらどうしよう。

どうしよう。

どうしよう。

と僕は女子力発揮していました汗

これは女子力というのか謎ですが。。。

 

僕は外注化するのがけっこうハードル高くて、マジでビビりまくっていました。

でも、出品作業の方がツラすぎたんです、、、。

 

せどり仲間が外注化に成功している中、僕も外注化しようとなったんです。

やっぱり思うのは、自分より上の人たちと付き合うことによるメリットってたくさんあります。

だから怖いけど、ビビりながら外注したんです。

 

外注化して良かったこと

 

・仕入れに専念することができる

・出品の時間を他の時間に当てられる

・出品の作業をしなくていい開放感を得られる

・外注費安い

 

やっぱり外注して良かったなって思います。

時間は限られているので、他の人ができることはどんどん任せていくべきだなと思いました。

 

税金関係とかもう自分でやるの無理で1年目は数ヶ月分だけだったのでなんとかしましたけど、

2年目以降は税理士さんにお任せしました。

自分でやると、これで良いのかという不安ばっかりですし、間違ってる可能性大ですから。

餅は餅屋と言いますが、税は税屋ですね(?)

 

知らず知らず僕たちが外注しているものがありました。

それはツールですね。

何も言わず淡々と価格を変えてくれる価格改定ツール。

検索してランキングや粗利などを検索してくれるせどりストなどのツール。

これらのツールも外注って言えますね。

自分がやらなくていいことをツール、人に任せていく。

外注すると楽だということをツールが再確認させてくれました。

 

せどりの出品にかかる時間って?

 

外注化する前は、僕は1度仕入れに行って帰ってきたら2、3日がかりでやってました。

中古が多いとほんと大変でしたね、、、、。

その2、3日もゆっくりダラダラやっていたのでほんと出品作業って苦手だったなと改めて思います。

 

例えば、月に4回仕入れに行ったとして、出品にかかる日数は多くみて4回×3日で12日、、、、。

すごい日数だ、、、。

1ヶ月の3分の1を出品にとられていたなんて。

愚かだ、、。

 

その12日分が丸々浮くって考えるとやはり外注化するべきです。

ビビりながらでも良いので外注しちゃいましょう。

 

しかも、今は外注を募集するサービスがたくさんありますので探す気になったらすぐ探せます。

クラウドワークスとかランサーズとかで募集するとか、奥さんや友人にお願いするのも良いですね。

1個の出品につき数十円でやってくれます。

ダメもとで安く言ってみると良いですよ。

 

どうか僕のような愚かな人間がたくさん出ないように早めに外注化することをオススメします。


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です