行動できない人へ。人は恐怖で動く。これをうまく使えばエゲツない成長が待っている。

どうも、iidaです。

 

今回は、やりたいことがあるのにどうしても行動できない。

明日やろうと思って、その日が来てもまたやらないというスパイラルに陥ったことはありませんか?

では、そういう時にどうやったら行動できるのかを書いていきます。

実は僕もこの恐怖を使わないと行動できない人間です。

 

夏休みの宿題の思い出

 

あなたは学生時代、夏休みの宿題を最後の日まで残しておいた時はありませんか?

僕はあります汗

毎年、残していました。

高校の時なんか友達がやった宿題を必死に丸パクリしていました。

ダメダメ野郎でした。

 

夏休みの最後の日にヒーヒー言いながら、なぜこんなに溜めてしまったんだろうと後悔していました。

でも失敗から学ばず、また次の年も夏休み最後の日にヒーヒー。

せっかくの夏休み最後の日を優雅に過ごせなかったんです。

 

夏休みの宿題を終わらせないと迫る恐怖

 

なんで必死に夏休みの宿題を終わらせようと思うのか。

それは、宿題を終わらせないと先生に怒られるし、成績が悪くなるからだ。

その恐怖から行動し、40日くらいの夏休みで終わらせる内容の宿題を1日で終わらせるという偉業を達成していたのだ。

とても褒められたものではないが、あの時の頑張りは今考えてもすげー。

 

怒られる、成績が悪くなる、そんな恐怖が迫ってくると人は怖くなり行動する。

少なくとも僕はそうでした。

その恐怖をうまく使えば良い。

 

会社に遅刻せずに行くのは

 

会社に9時に行かなければならないとして、それまでに会社に着くようにしますよね?

走ってでも間に合うようにします。

 

これも恐怖からではないですか?

給料減らされるとか、クビになるとか、上司に怒られるとか。

そういった恐怖から、間に合わなそうだったら走って急いだりします。

 

寒い朝は布団の中で起きなきゃいけない時間ギリギリまで粘ってる人もいるかと思います。

そして、もう起きなきゃーと言って布団から出て身支度をして家をでる。

 

駅とかでそういった人がけっこういますよね?

電車を降りた瞬間、Bダッシュかます人です。

おそらく朝起きるのが嫌いな人でしょう。

会社に行くのもイヤな人でしょう。

という妄想をしてみました。

 

受験の時に必死に勉強するのは

 

受験前はハンパなく必死でした。

落ちたらどうしようという恐怖。

だから落ちないように必死に勉強に食らいついていました。

 

落ちたらどこも行く高校がないと思ったら勉強せずにはいられませんでした。

あなたも受験の時はいつもより必死に勉強したと思います。

高校、大学に落ちるのが恐怖だから。

落ちたくないという恐怖で勉強していたと思います。

(少なくとも僕は、、、、汗)

 

何でみんな保険に入るのか

 

あなたはなぜ保険に入っているのですか?

もしガンになったら、治療費を払えなくなるかもしれないから。

海外で病気になって、その国の病院に行って治療を受けたら膨大な医療費を払わなくてはいけなくなるから。

 

そんな理由だと思います。

それってやっぱり恐怖なんですよね。

 

人は情と利益と恐怖で動く

 

情というのは、自分の子供は自分の命を投げ出してでも助けるというような愛情

 

利は利益の利で、1万円あげるから、引っ越し手伝ってと言われたら手伝うというようなもの。

 

恐怖とは今まで説明してきたようなものです。

この中で、自分を一番行動させやすい、使いやすいのは恐怖なんです。

情はなかなか使う場面がないかなと。

利だったら苦しかったら別に受け取らなくても良いやと諦めてしまいます。

 

なので、利よりも恐怖で行動させるんです。

自分を恐怖させて行動させます。

 

恐怖を使って自分を行動させよう

 

どうしても行動できない時ってありますよね?

人間は弱くて怠ける生き物です。

やらなくて良いことはできるだけやりたくありません。

 

恐怖をどのようにして使えば行動できるようになるのか。

それは、友達や奥さんなどに目標達成を約束してしまうか、コミットするサイトを使うという方法です。

例えば、禁煙できなかったら今度、高級焼肉店に連れて行くとか自分に罰を課すんです。

コミットするサイトはstikKと言ってサイト上で宣言をするということです

これをやるかやらないかで行動する量が違ってきます。

 

僕も最初ナメてこれをやらなかったんですけど、さっさとやっておけばよかったと後悔しました。

すぐに効果は現れて、行動量が何十倍にも膨れ上がりました。

 

実際、今日やろうと思っていたことがなかなか出来なくて、結局その日何もやらなかったりしてました。

そういうことがあるとほんとやればよかったと思うんですよね。

でも、なかなか行動できないという、、、。

 

だから友達に毎日これやるから!

これやらなかったら今度、超高い超美味しい焼肉屋に連れて行くね!

と宣言しました。

そうすると、やるわやるわ笑

自分でもびっくりです。

 

単純に払いたくないですしね。

払いたくないから必死にやるという。

 

コミットメントと一貫性

 

これはコミットメントと一貫性という人間の心理学を使ったものです。

『影響力の武器』という名著に載っています。

 

人は何かコミットメント(目標宣言)すると、それを途中でやめたいと思っても人の目を気にします。

人間は『やるって言ったのに結局やらねーのかよ』と思われるのがイヤなんです。

 

なので、やらなきゃいけないのにどうしても行動できない人は、

誰かにコミットメントして、やらなかった時の罰を設けるとハンパなく行動するようになりますよ。

 

僕も友達同士でやってますけど、みんなお金払いたくないから必死にやります笑

バンジージャンプが怖い人は罰ゲームをバンジージャンプとかにしても良いと思いますね。

 

まとめ

 

ということで、繰り返しになりますが人間は弱い生き物ですので、環境がないと行動しません。

行動しなければいけない環境を作って、自分を行動させる。

これがクソ大事です。

 

今まで行動できていなかったのであれば即実行すべし。

当たり前ですが、やらないと成果は出ませんので。

 


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です