遅刻は許されないのに残業は許される。遅刻はダメなのはわかってるけどねぇ、残業代くれ

どうも、iidaです。

 

今回は残業について書いていきますね。

 

残業って?

 

長ーく言うと、時間外労働。

簡単に言ってしまうと決まった労働時間よりも

長く労働する事ですね。

 

言われなくてもわかるわー!

って言ってモノを投げないでください。

再確認です、再確認。

 

でも、決められた労働時間よりも

働きたくないですよね。

 

9:00〜18:00って決まっているのであれば、

9:00から仕事始めて、18:00に帰りたい。

そういう人ってけっこう多いんだろうなと思うのは僕だけだろうか。

 

しかし、甘い考えは許されない。

9:00に来て仕事を始めようものならば、

何やってんだという言葉がくる。

という僕のイメージ。

僕はそんなことはさすがに出来なかった。

 

僕の前の会社の場合

 

僕のサラリーマン時代の時の会社は、

みんな競って驚くべきほど早い時間に出勤していた。

それがその時の会社の常識なのである。

 

競ってるわけではないのだろうけど、

若手の社員が遅く来ると、それより年上の先輩や上司は

あまり良い顔はしないのは想像できますでしょうか?

 

『なんで俺が早く来てんのにお前は遅いんだよ、年下のくせして』

って言われたわけではないですが、思いっきりそんな態度でした、

 

会社に早く来る意味を見出せなかったから最低限の時間に行ってました。

上司の誰よりも早く会社に来ようとなると6:00には

会社に行かなければならなかったです。

他の部署の上司ですけどね。

部下は気をつかうなー。

そんなに早く来られると。

 

そうすると、5:00には起きてなければいけません。

超やべー。

そんなことするためにサラリーマンになったわけではない。

そこまではしなかったですけどね。

さすがに。

 

でも、最初に配属された部署の部屋の鍵を預けられた時は

誰よりも早く行かなければなりませんでした。

超絶しんどかったですね。

僕は死ぬほど朝起きるのが苦手でしたし。

朝起きた瞬間に、また1日が始まってしまったという絶望を感じていた。

 

今書いてて思ったんですけど、毎日絶望感じてたんですね、僕。

かわいそうじゃないか、、、、

もっと楽しい世界があるんだよ、とその頃の僕に教えてあげたい。

そんな怪しい誘いなんて聞かないよと言われそうですが汗

信じてくれよと今の僕が言うという何とも怪しいネズミ講ビジネスにしか見えないw

 

でも、知らない世界があってもそれを拒絶しないで信じて行動したからこそ

会社にいた頃のツライ絶望の毎日から抜け出すことができた。

 

ドキドキしながら朝起きて

ドキドキしながら電車に乗って、

ドキドキしながら会社の入り口に入って、

ドキドキしながら上司に挨拶して、

ドキドキしながらパソコンいじって、

ドキドキしながら上司に相談に行って、

ドキドキしながらお疲れ様でしたと言って帰る。

 

おおおおおおおおお

これが全部恋愛だったら良いのに!!

死ぬほどドキドキしてるじゃないか!!

 

これがストレスになり、僕は胃が痛くなってガスター10を愛用するようになった。

いわゆる中毒。

ガスター10を服用しまくってたなー。

なんか危ない人みたいだ。

薬中毒。。。。

 

僕の同期の女の子は真面目だったんですけど、

それが悪く働いてしまったのか

うつ病になってしまいました。

真面目な人ほどうつ病になります。

これは僕の統計上ですが、そういう人はけっこう多いですね。

 

僕は真面目な人ほど世の中で成功してほしいという思いが強いです。

真面目な人が損するの見てるのがツライです。

ちゃんとやってるのに評価されなくて、良いように使われて人生終わっていくとか。

真面目に仕事やってんのに、評価されないとか悔しすぎます。

 

僕は真面目な人たちが良い人生を歩んでもらいたい

 

僕は前からほんとーーーに許せないことがあって

僕が許せない人たちが真面目な人を良いように使いまわして

病気にさせられてるんです。

目の前でそういう人たちを見てきて本当に許せなかった。

なんで適当に仕事をやっている上司に人生をめちゃくちゃにされないとならないのか。

 

真面目な人って任された仕事をきちんとこなそうと頑張るんです。

その仕事が終わると、また仕事がまわってくる。

適当な上司が自分で仕事をしたくないから

その仕事をまわしてくるんです。

 

マジでマジで許せない。

仕事しろと。

 

そして、その同期が病気になって会社に来れなくなっても

全然気にしてないんです。

おいーーーーー。

ってなります。

いや、責任感じろよと。

何で責任感じねーんだよって。

不感症かよ。

 

そういう上司に限ってやっぱりというか当然というか

年賀状には自分の事しか書いてない。

自慢しか書いてなかったなー。

あの年賀状見たときにやっぱり嫌気しかさしてこなかった。

 

僕の仲が良かった真面目な同期を病気にまでして

ひょうひょうとしてるのがすげーなって思いました。

いや、あなたがつぶしたんですよ 。

上司になる人はそういう力が長けているのかもしれません。

ある意味才能ですね。

 

僕は真面目な人ほど良い人生を歩むべきだし、

そういう人たちに振り回されて病気になってほしくないと思っている。

マジで。

そんなことが普通になっているのなんておかしい。

あくまでも僕の中での常識ですが。

 

残業45時間しても残業0時間でも同じ給料

 

こんな事ありますか?

僕がいた会社がおかしいのか正しいのかわかりませんけど。

45時間と0時間ってものすごい違いだと思うんですよね、

週5勤務だとしても月に20日程度会社に行くとします。

45時間÷20日=2.25時間

1日あたり2時間以上残業して会社にいる人と残業を全然しない人とで

給料が変わらないという悲劇が起きていたんです。

 

みんな残業するのが会社で分かっていたからそういう決まりにしたんだと思います。

実際、45時間ギリギリまで残業する人がたくさんいました。

45時間以上は調整してました、思いっきり。

打刻調整って言って、

会社に出勤した時に出勤した時に会社に来ましたよという打刻をパソコンで行います。

そして退勤する時も同様に打刻をパソコンで行います。

 

しかし、それはあくまでも打刻であって実際会社にいる時間はもっと長いんです。

残業が45時間を越えるとややこしくなるため、

みんな打刻調整という荒技を行なっていました。

本当は会社に来ているのに打刻をしない。

本当はまだ会社にいるのに打刻をして仕事を続ける。

 

おいおい、こんなことが大きい会社で普通に蔓延してるのかいと思いました。

なんか悲しいですよね。

ふつーーーに考えたらおかしくないですか?

常識って何なの?って思いませんか?

これをおかしいと思ってしまう僕がおかしいのかな?って思ってました。

 

常識とは何なのかとマジで思いますね。

常識おかしくね?って。

常識に怒りを感じます。

常識通りに生きてて病気になってる人けっこう多いです。

では常識がおかしいのではないのかという仮説ができます。

 

まあ常識の定義に病気にならないとは書いていないんですけど。

あくまでも僕の常識へのイメージです。

でも、この世の中で常識という言葉が正義という風になっているのが

ちょっと許せないなーと。

 

僕の中での常識

 

僕はフリーランスで生きている人でも会社員で働いている人たちも

病気になるようなストレスなくプライベートも充実した人生になるのが

常識だと思っています。

 

きれいごとかもしれませんが、そうさせることは無理じゃないですね。

嫌な上司やおかしいという会社に振り回されるのは

死ぬほどおかしいと思っています。

少し昔風にいうとちゃんちゃらおかしい。

言わないかー今の若い人たちはw

 

僕が大切だなー常識にしたいなーって思うことは

・笑顔

・挨拶

・お礼

・思いやり

僕はこういったことを大切にするのが常識だと思っています。

マジできれいごとかもしれません。

けど、大切にしたいなーと。

 

笑っている人たちを見ると僕もなんか幸せだなと思います。

気持ち良い挨拶をされると超絶気持ち良いです。

お礼をさせるとハンパなく嬉しいです。

それをやって良かったなーと。

思いやられると大切にしてくれてるんだなーと。

そう思われてるのすごい良いなと思います。

 

笑顔で挨拶されたら超絶気持ちよくなって

恥ずかしいけど、笑顔で挨拶を返したくなります。

笑顔で挨拶最高だ。

 

まとめ

 

お付き合い残業をして無駄な時間を使うよりもっと大切にする時間があると思う。

もし、あなたがお付き合い残業をして、違和感を感じているのであれば

迷いなく他の道を探すべき。

このまま定年になって後悔をしないのか。

今の常識を疑って違う道を進むのか。

 

あなたが生きる上で大切にしたい部分を今一度考えて欲しいです。

無駄にしてほしくないです、あなたの貴重な時間を。

クソみたいな会社に搾取されてほしくないです、あなたの貴重な時間を。

 

 


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です