本気とかくそダサいと思ってた僕が愚かだった。今、くそ本気出してる。本気で生きる意味とは?

どうも、iidaです。

 

今回は本気の話をしていきます。

本気で本気の話をします(←めんどくさいヤツ)

 

一生懸命やるのが苦手だった

 

僕は昔、自分より勉強できる人やスポーツがうまい人が羨ましかった。

だけど、羨ましいのに正直に羨ましいと言わずに一生懸命とかダサいなーと思っていた。

 

ほんとは自分も一生懸命やりたいのに、負け惜しみをしていた。

だからダサいとか言って、超絶ダサいことを自分で言っていた。

お前こそがダサいのだと言いたい、昔の自分に。

 

そのくせに漫画やアニメの主人公やドラマの主人公が一生懸命に

困難に立ち向かっているのを見ると心のどこかで憧れを抱いていた。

 

自分より勉強やスポーツができる人や一生懸命やっている人を

素直にすごいと思って真似すれば良いのに、、、、。

 

いつもやる気になってもすぐ諦めてしまうタイプだったから

継続して一生懸命に物事に取り組んでいる人たちに

妬みを持っていたのかもしれない。

妬み、、、、なんか怖い言葉だ。

 

一生懸命できない自分への不甲斐ない気持ちがあって

一生懸命とかダサいと言って、物事から逃げていたのかもしれない。

そう、逃げていたのだ。

 

逃げててダサかったなー、俺。

一番ダセーよ、お前って言いたい。

戦えよと言いたい。

 

勉強出来ない、、、

中学校の勉強は最初は簡単だと思っていた。

でも、だんだん難しくなってくる。

 

理科とか特に、、、マジで無理だった。

最初は成績は良かったが、だんだん落ち込んできた。

前は僕よりテストの点数が悪かった友達にも

だんだん追い越されていった。

 

悔しいと思ってても、どうせまぐれだろと思っていた。

ほんとは自分がテストの点数が悪くて悔しいのに。

めちゃくそ悔しかった。

悔しいのをバネに頑張れば良いのに、それが出来なかったのだ。

愚かだ、俺、、、。

 

よく悔しさをバネにとか言うじゃないですか?

よく聞きますよね?

 

今はその言葉をうまく使えますけど、

昔の自分は妬むしか出来なかったんだ、、、、。

 

毎回テストで良い点が取れない。

当たり前だった。

勉強なんかしなかったから。

勉強とかクソつまんないと思ってた。

 

テストで良い点をとる人たちに負けじと頑張れば良かったのに、、、。

どうせ頑張っても俺なんか勉強できないし良いやと思ってた。

いくら頑張っても報われないんだと。

 

どんだけ腐ってたんだーー。

今思えばあの時やっておけばと思うことが多い。

やってやってやりまくれば出来るのに。

全然やろうとも知ってなかった。

 

やれよーーーーーーっ!!

って今ほんとに思います。

最初から諦めてたんだな、、、。

最初から諦めてるなんてくそダサすぎた。

 

そんなこんなで中学校、高校と年齢を重ねるごとに

勉強に対する意欲がなくなっていき

腐敗した人間になっていったのだ。

モテなかったし、、、、

 

部活でも、、、

 

僕は部活でバドミントンをやっていた。

 

部活でも、昔は勝っていたのにだんだん僕の方が

負けることが多くなった時も、どうせマグレだろと思っていた。

明らかに自分の方が練習を一生懸命やっていないことが

目に見えてわかっていても、それを認めたくなかった。

 

最初から自分よりうまい人なんか見たら、尚更ひどかった。

あの人はもともと才能がある人だ。

いくら自分が頑張ったところで勝てるわけがない。

たくさん練習してもどうせ勝てっこないや。

何回やっても負けるに決まってる。

だったら一生懸命練習するのなんて無駄だな。

っていう風にまたくそダサいことを言っていた。

 

大会があっていつも負けてしまう学校があったけど、

対戦する前から半ば諦めムードだった。

やってみなきゃわからないのに、

もっと練習を一生懸命すれば良いのに、、、

どうせ負けんだろ〜なと、またダサいことを思っていた。

 

本気を出すのが怖かったんだ

僕は本気を出して、結局負けるのが怖かったんだと思う。

一生懸命やって結局負けてしまったらダサいなと。

いや、その考え方がダサいんだよって思う。

 

くそおおおおおお。

一生懸命やったけど負けたなー、、、

次は負けないように超頑張ろうって思えるような人間じゃなかった。

 

一生懸命やって負けたんなら良いけど、

何もやってないで負けるとか何も得るものがない。

 

一生懸命やって負けても何かしら得るものがある。

色々試行錯誤して勝つ方法が見つかる。

今回は負けたけど、次はこうしてみようとか

色々な方法を考えることが出来る。

 

しかし、何もしなければその方法も考えようとしない。

思考停止状態。

それじゃ何もうまくいくはずがない。

 

高校の時、ゲームに逃げた

僕は高校に入ってますます勉強がイヤになっていた。

どの教科も難しすぎてお手上げ状態。

バドミントンも続けようと思って、一回入部したけど、

やる気が起きずにすぐ辞めてしまった。

 

中学校の時もなんとなくやっていた感があった部活も

高校生になって遂にラケットを握るのもイヤになった。

勉強もますますイヤになって、部活もイヤになって

学校の授業が終わったら真っ先に家に帰って

ウイニングイレブン(サッカーゲーム)に夢中になっていた。

 

ウイニングイレブンはある程度練習してうまくなっていたので

コンピューターの癖とかは熟知しており、

勝つことが当たり前となっていた。

 

勝てるとわかっている勝負が好きだった。

やっぱり勝つことは気持ちいい。

でも、それって今考えれば虚しいなと。

虚しすぎる。

 

真剣勝負で勉強でも部活でもやれよって思う。

ゲームに逃げんなと。

 

高校で一度だけあった快感。それを活かせば良かった、、

カンニングの話ではないです汗

 

僕は数学がもともと嫌いだったけど、

高校の数学とかもう最悪の状態だった。

いつも赤点ギリギリの状態。

 

中間テストや期末テストになると

簡単な問題しか解けなかった。

 

そして、遂に何も勉強せずに中間テストに挑んでしまった。

詳しい点数は忘れてしまったけど、10点くらいの点数だったと思う。

もしかしたら10点いかなかったかもしれない

100点満点中そんな点数をとってしまった。

 

僕は先生に呼ばれてしまった。

『このままだとやばいぞ』と言われた。

期末テストで60点取らないとヤバイ状態になっていた。

 

運よく中間テストだったから期末テストで挽回すれば、

赤点は免れることが出来た。

 

しかし、60点なんてとったことがなかった。

でも、その時はやるしかなかった。

60点取らなければ、赤点になって親が学校に呼ばれてしまう。

そうすると、親にも怒られる。

いやだーーーー。

 

そんな恐怖から僕は必死になって勉強した。

恐怖は人間を行動させる。

今まで勉強しなかったのが嘘のように数学を勉強した。

 

復習もきちんとした。

問題集の問題も何回も解いた。

出来ない問題も出来るまでやった。

それでもわからない問題は先生に聞きに行った。

 

今、考えればあの時の行動力はすごかった。

とにかく必死だった。

赤点も取りたくなかったし、親を高校に呼ばれたくなかった。

 

それで、万全とは言い難いけどある程度の対策をとって期末テストに挑んだ。

すると、いつもよりスイスイ解けた。

調子にノリそうになったけど、そこは落ち着いて、、、。

ミスをしないように問題を解いていった。

無事にテストは終わり、とりあえず一安心。

あとは結果を待つだけ。

 

数日後、数学の授業の時に期末テストが返された。

僕はびっくりした。

76点!!

あんなに頑張ったのに76点かと一瞬思ったけど、

普段勉強していないんだからしょうがない。

いきなり100点は取れない。

 

でも、とりあえずは合格点だった。

これで赤点は免れた。

 

そして、何より嬉しかったのが、

いつもテストの点数を見せびらかしてくる友達がいたのだが、

その友達に圧倒的に点数が良かったことだ。

 

その友達はショックを受けていた。

いつも僕が悪い点数を取っているから

今回もどうせ悪い点数を取っているだろうと思ったらしい。

 

まさか僕に負けるとは思ってなかったようだ。

僕は少し快感を覚えた。

 

いや、少しどころではない。

ぃやったーーーーー!!!

うおおおおおおおおっしゃーーーー!!!

という感情になったが、スカした態度を見せた。

 

その成功体験を繰り返しやっていけば良かったのだけど

それ一回きりで終わってしまった。

うーむ、なかなか本気にならないのか、、、、。

もどかしい。

 

心のそこから本気が楽しいとわかった

そんな昔の僕が、今の僕を見るとダサいと思うのだろう。

本気なので、、、。

でもダサいと思われてもいいんです。

 

本気で物事に取り組むことによって得るものがたくさんあります。

中途半端にやると、逆に気持ち悪い。

全力でやった結果、うまくいかなくてもそれはそれでOK

うまくいかなかったら、また次に方法を変えて一生懸命頑張るだけ。

 

本気でやって負けると超悔しいんですね。

くそおおおおおお!!ってなります。

だから超頑張る。

勝つまでやる。

こうなったらもはや根性論ですw

 

僕は昔から負けず嫌いだったのだと思う。

負けるのがイヤだったのに本気でやっていなかった。

負けず嫌いだから、また次頑張ろうという風に思える。

 

本気でやって良い結果が生まれると、

心の底から本気でやって良かったって思うんです。

やったーー!!ってなります。

このことに気づけて良かった。

本気でそう思います。

 

まとめ

 

本気って良いですね。

ただそれだけ。

本気でやるだけ。

 

やるかやらないか。

やると決めたら全力でやる。

 

周りからダサいと思われても気にしない。

絶対うまくいかないと言われても気にしない。

ただひたすらやり続ける。

 

頑張りましょう。

 


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です