モロッコのシャウエンの観光や行き方、宿。なぜ青い?歴史に隠された理由とは?

どうも、iidaです。

 

今回は旅人みんなが行って大満足!

モロッコの大人気の街シャウエンについて書きます。

青がキレイで女子力(?)上がる街です

 

シャウエンってどこ?

僕は、スペインから船でジブラルタル海峡を渡って、

モロッコのタンジェという街からバスでシャウエンに向かいました。

 

モロッコの船が着くところから、

シャウエン行きのバスが出ている

バスターミナルまでは遠いので、

バスで向かいます。

汚ええええええ。

洗車をしましょう。

 

そして、タンジェの中心地に着くと、

バスを降りた近くにバスターミナルがあります。

ちょうどいい時間のバスがあったので、

シャウエン行きのバスチケットを買ってバスに乗りました。

 

途中でテトゥアンという街に寄って、

またバスは走り出します。

3時間ほどでシャウエンに着きました。

 

シャウエンには各地からバスが出ているようです。

直通がないところは乗り継いで向かいます。

 

シャウエンの宿

 

シャウエンの宿はここ。

HOTEL NISRINE

少しだけ青いですね。

シャワーとトイレは共同でした。

リヤド(モロッコの宿)特有の吹き抜けになってて良い雰囲気です。

ちゃんと中は青かったです。

モロッコ初の宿なので、テンション上がりました。

個室だし!

 

モロッコの前にいたスペインでは

ドミトリーが多かったので、

個室は嬉しいです。

うっひょーーー!

そして、シャウエンの街の雰囲気も超良いし最高!

 

ただし、夜は超絶寒かったです。

山の上の方ですからね。

 

シャウエンはぐにゃぐにゃした道がたくさんです。

道に迷ったら人に聞くと早いですね。

 

シャウエンって何で青いの?

 

色々諸説があるそうです。

 

・ユダヤ人が関係している説

1930年代にシャウエンにはユダヤ人が多く住んでいて、

青はユダヤ教において天空・神・心の平静・海などを象徴する神聖な色なので、

家や壁を青く塗るようになりました。

 

シャウエンに住んでいたユダヤ人は、

1948年にイスラエルが建国された際、移住しました。

 

しかし、シャウエンの現地民であるベルベル人によって

家や壁を青く塗る習慣は保たれており、

そのキレイな街並みは保たれています。

 

この説が僕は好きです。

神聖な色で街全体を染める。

おおおおお!

なんかすごくカッケェ。

 

僕はこっちの説をずっと信じています。

 

・蚊が関係してる説

青く塗られていたのは、もともと家の中だけでした。

それは虫よけ、特に「蚊よけ」のため。

そして、当時の家の外壁は白かったので、

太陽光が反射してとても眩しかったらしいのです。

 

その影響で目の病気になる人も多かったらしいので、

家の外壁まで青く塗るようになりました。

そうしてこのような青い街ができあがったとのこと。

 

蚊がいてくれたからこそ、

こんなにキレイな街が出来たのか。

びっくりです。

蚊に感謝します。

 

あなたはどちらの説が好きですか?

(好き嫌いの問題で良いのか?)

 

シャウエンの治安は?

シャウエンの街に住んでいる人は

のんびりとした街で他の街よりも人がしつこくなかったです。

 

他のモロッコの街の人たちはしつこいです。

勝手にガイド始められたりします。

押し売りしてきます。

振り払うの大変です。

 

シャウエンは押し売りもなかったです。

超思い出に残っている街ですね。

オススメの街です。

 

ただ、シャウエンは大麻の生産地でも有名なのです。

歩いてると『ハッパ?』と言われる可能性があります。

モロッコでも違法ですので、そこはお気をつけて。

 

大麻は合法な国と違法な国がありますよね。

アメリカは州によって異なります。

大麻への対策は国や州や自治体で様々です。

こういった勉強をしていくのも必要ですね。

 

シャウエンの街並みを見ていきましょう

 

ここがシャウエンの写真で一番目にするところかもしれません。

青い壁に様々な色のプランターがキレイですね。

 

ここを見つけた時のテンションの上がり方はハンパなかった!!

見つけたぞー!!

ぃやったーーー!!

って心の中で叫びました。

 

実際に見てもここはやっぱりキレイですよ。

歩いてると普通に見つかります。

 

見つけるの簡単すぎて、

そんなに喜んだ僕は恥ずかしくなりました。

でも、嬉しいものは嬉しいんです。

 

散歩し始めてから比較的始めの方にここを

見つけたので、後々の散歩がより楽しくなりました。

 

シャウエンはどこを歩いてても

楽しいんですけどね。

ウッキウキでした。

 

こういう気分の時って

写真をめちゃくちゃ撮っちゃう系です。

家に入るのにこの細い階段を昇っていくんですね。

家具とか運ぶの大変そうだ。

引越しのサ○イはこの難問をどう解決するか。

(↑くだらない妄想)

カフェです。

外壁の青と椅子のクッションの色は意図的に

合わせているのでしょうか。

オシャレだ。

飾っている絵も良かったですね。

この絵は両脇のプランターの色と合ってますね。

色を合わせてくる技がすごいぜ。

勉強になります。

電話屋さんだと思います。

赤が差し色になっててこれも良い感じ。

電話のデザインも何だかレトロな雰囲気。

おじちゃんたちがとんがり帽子の民族衣装ジュラバを着ています。

これ欲しかったんですけど、

日本で着る事ないなと思ってやめました。

買うのやめて正解でした。

日本でジュラバを着たら確実に浮きます。

おじちゃんたちはカフェでお茶のみをしていて、

おしゃべりをしている人たちが非常に多いです。

 

青い外壁といい、おじちゃんたちのジュラバといい、

街の所々の模様といい、扉のデザインといい、

全てが新鮮で、見ているとやはりワクワクが止まりません。

 

スキップしたくなりましたが、

僕はその時、28歳というアラサー。

ここで足を痛めては、今後の旅に支障が出ます。

スキップしたい気持ちを必死にググッと堪えました。

公衆電話とオシャレな扉。

扉に描かれている絵の雰囲気も良いなぁ。

しかも、扉が開けて人が出てきているような絵ですねw

だまし絵。

騙されました。(←純粋か!)

仲良く水遊びをする子供達。

どういうルールかまったく理解できない遊びをしていました。

ルールなんてないんでしょうけど。汗

ビニールの袋で夢中で遊んでいるところを

見ていたらびっくりさせちゃいました。

ごめんよ。

シャウエンは猫好きにはたまらない場所。

猫がたくさんいて、見てると心が和みました。

猫も人ものんびり暮らしています。

 

シャウエンの扉コレクション

 

では、次は色々な扉のデザインを見ていきましょう。

取っ手も窓の格子も良い雰囲気。

やっぱりキレイな青だ。

こっちはシンプルなデザイン。

何か模様に意味があるのでしょう。

目にも見えますね。

もしや、フリーメイソンの目か、、。

こちらはノックするものが取り付けられています。

カギも付いてますね。

このカギはどう使うか謎でした。

でも、鋲打ちといい、

カギといい、ノックする手といい、

全体的なデザインはツボです。

 

こういうデザイン見るの超楽しいです。

国が違うとその国特有の

デザインを見ることが出来ます。

 

そういう違いを見るのが超絶ワクワクします。

こんなデザイン見たことなかった!

という新鮮な気持ちにさせてくれます。

これは統一を持たせた扉ですね。

4つ並んでました。

こちらもデザイン性は優れてますね。

 

職人さんは作るの大変だと思います。

同じデザインを見つける方が大変です。

今度は黒いデザイン。

なんだか高級そうな感じですね。

これはカワイイというよりはカッコいいですね。

ヨーロッパにあってもおかしくないデザイン。

これもデザインが凝ってる。

これは扉が二重になってますね。

手前に金属の透けたデザインになっています。

それで奥の扉が魔女が住んでいそうなデザインの扉。

(↑個人的な見解です。)

これは窓の格子です。

すみません。

扉のデザインと言いながら

窓の格子のデザインも一緒にしてしまった。

これも凝りすぎたデザイン。

 

ハンドメイドっぽいなぁ。

手作業の温もりが感じられます。

(↑これで機械で作ってたら恥ずかしい)

 

もしこれがハンドメイドだったら、

職人さんはクイクイクイと金属を

曲げてチャチャっと作っちゃうんでしょうね。

職人さんはやっぱすげぇ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

行って損はしない街だと思います。

 

シャウエンに行った日本の旅人に聞いたら

もれなくめっちゃテンション上がる街だという

感想を言ってたので是非機会があれば。

 

1週間とかいる人もいるらしいですし、

居心地が良い街なんです。

 

ぜひ!!


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です