バックパッカー必見!ドミトリールームとは?知らないと損する役に立つ必需品10選!

 

iidaおじさん
ドミトリールーム!ワクワクすっぞ!
ヤング
うるせー!口より手を動かせ!早く文章書け!

 

どうも、iidaです。

今回はバックパッカーが何かとお世話になる

ドミトリールームについて書いていきますぜ。

 

最初はイヤだなーと思ってもすぐ慣れちゃうドミトリー。

魅力と共にお伝えします。

 

ドミトリールームとは?

ゲストハウスとかバックパッカーズ、ホステルとか

いろいろな名前で呼ばれていますね。

 

ゲストハウスと呼ばれるところで

ドミトリールームがある場所とない場所があります。

 

ゲストハウスは基本的に安く泊まれる場所ですが、

泊まれる形態は国や地域によって異なります。

 

ゲストハウスと言っても、

個室で部屋にシャワーやトイレが付いている国もありますが、

国によってはゲストハウって言ったら、

ドミトリールームが常識という国もあります。

 

基本的にドミトリールームは、

二段ベッドが何台か置いてある相部屋の

破格の宿泊施設のことを言います。

 

格安旅をしている人たちは必須の場所です。

トイレ、洗面、シャワーは共同利用となります。

 

 

最近のドミトリールームは?

僕は以前、ドミトリールームといえば、

海外に行った時しか止まることがありませんでした。

 

でも、今は日本でもちょっと旅行に行った時に

ゲストハウスに泊まる時が多くなりました。

 

しかも、オシャレゲストハウスが乱立してて焦ります。

色々なゲストハウスに泊まってみるのも楽しいです。

 

日本のゲスハウスは心配りがしっかりされおり、

ベッドにカーテンが付いていてしっかりと

プライバシーが保たれています。

 

海外でも、ベッドにカーテンが付いているところも

もちろんありますが、

ベッドにカーテンが付いているところと

付いていないところで

けっこう分かれています。

 

しかも、部屋で一緒になる人たちも

そこまで干渉してこないんですね。

なぜかわかりませんが、、、。

 

他のルームメイトと顔を合わせたら満面の笑顔で

 

iidaおじさん
Hi!

 

だけ。

超楽ですね。

根暗な旅人にとっては。

 

無理して交流するのしんどい時ありますよね、、、。

そして、ベッドにカーテンが付いているともう全然違う!!

カーテンが付いていると、テンション変わります!!

 

iidaおじさん
やったー!!カーテン付いてるぜーーーー!!

 

なんか秘密基地みたいなんです。

四方を囲まれて。

 

僕は30歳超えてるんですが、

子供のようにワクワクします。

 

部屋の照明が24時間点けっ放しの宿があります。

そういう時はカーテンをシャッと締めて

光を遮って寝ます。

 

iidaおじさん
グッナイ。ベイベー。
ヤング
うわっ!なんだこいつ!?

 

カーテンあるのとないのでは全然違いますね。

僕はカーテン付きが断然好きです。

根暗なんで。汗

 

しかも、最近は女性専用ドミトリーもたくさん!!

これは女性には嬉しい限りですね。

着替えとか大変ですもんね。

 

僕もドミトリールームでの着替えはちょっと、、、、

 

iidaおじさん
恥ずかしい、、、、♡

 

ドミトリールームのメリット・デメリットは?

・値段が安いのが圧倒的なメリット

こりゃあ外せない。

超安いです。

 

2人で旅をしているとツインの方が安くなる可能性もありますが、

基本的に1人だと思います。

 

宿泊代ってバカにならないんですよね。

高く泊まろうと思えばいくらでも高いところはあります。

 

しかーし!

安く泊まりたーーーい!

と僕は思っていました。

 

期間も長かったですからね。

節約しないとその後の旅ができなくなる可能性がある。

だからできるだけ安く泊まりたい。

 

・他の宿泊者と仲良くなりたかったら仲良くなれる。

これは人それぞれ。

このメリットを活かしたい人は活かせばいいし、

活かしたくない人は活かさないくていい。

 

やたら交流してくる人いるけど、

僕は交流したくなければしなくていいと思う。

 

無理して交流しても疲れるし。

楽しみで行ってるのに楽しくなくなるの最悪。

 

・自炊できる

これは良いですねぇ。

国によってですが、キッチンが付いている宿が多いです。

 

僕は、乾燥パスタと調味料を持ち歩いて

いつも自炊していました、

乾燥パスタは腐る心配もないですし、

安価に手に入れることが出来る。

 

そこにチーズやトマトや色々とのせれば

バリエーション豊かなパスタに出来る。

 

僕はオリーブオイルも好きなので、

茹でたパスタにドバーーっとかけてました。

この自炊は特にヨーロッパでやってました。

 

ヨーロッパはレストランで食べようとすると

値段がはるところが多いので、、、、。

 

 

・シャワーが混んでいる時がある

これは僕は時々ですが、困りました。

 

iidaおじさん
今入りたいんだよぅ!!

 

でも、こういう時はそこまで多くなかったかな。

別に許せる範囲。

 

欧米人は朝にシャワーを浴びることが多いっぽい。

だから、僕ら日本人はどちらかと言うと、

夜にシャワー浴びることが多いので、

バランスとれてるのかもって思いますね。

 

でも、潔癖症の意見を言わせてもらうと、、、

1日中外を出歩って汗まみれのままベッドに寝たら、

シーツの下のマットレスに雑菌が!!

 

iidaおじさん
想像したくないぜ!

 

・いびきうるせー

これはやばい汗。

 

僕はこれがけっこう大変。

いびきって地響きに似てて、

耳栓をしても地面が震える。

 

2段ベッドの下に寝てて上の人がいびきうるさかったら

下からちょっと刺激を与えるのは内緒の話。

 

耳栓があるのとないのでは全然違うから

耳栓は必須!!

 

・タオル貸し出しなしの所が多い(海外)

これはしょうがない。

値段が値段なので。

 

自分でタオルを用意しましょう。

日本ならコンビニで安く売ってます。

 

海外に行くのなら日本から持って行くのが良いですね。

日本のゲストハウスはタオル貸し出ししてくれるとこがあります。

 

・汚い宿もある

これはしょうがないっちゃしょうがないかなー。

それなりの安さだから、サービスも行き届いてないから。

 

数百円で泊まれるところに清潔さを求めてはいけない。

数百円で泊まれるところとかすごすぎだっていまだに思う。

 

でも、日本でドミトリーに泊まっても、

そこまで汚いドミトリーはないですね。

 

海外のドミトリーに泊まってしまうと、

日本のドミトリーはレベル高いなって思います。

 

もちろん海外のドミトリーでも神ドミトリーはあります!

探してみてくださいね。

 

・持ち物が心配

シャワーとかで自分のベッドを離れる時があります。

その時は持ち物を肌身離さず持って置かなければいけません。

 

宿によってはロッカーがあるところもありますが、

もちろんないところもあります。

 

自分の持ち物はきちんと管理するのが

クソ重要。

 

ドミトリールームにはどんな人が泊まってるの?

圧倒的にバックパッカーが多いです。

バックパッカーと言えば、ドミトリーですので。

普通の旅行者も泊まっている時もあります。

 

まぁ普通の旅行者って何かわからないですけど、、、

 

iidaおじさん
普通ってなんだ?

 

ドミトリールームという性質上、

必ずしも、譲り合う部分が出てきます。

だから、みんなそれをわかってる。

 

基本的にバックパッカーって親切な人が多いイメージ。

ドミトリールームに泊まってる人って親切な人が多いです。

相手のことを思いやるというか。

 

旅をしてて、地域の人に色々と優しくされるから

バックパッカーたちも自然と優しくなるのかなという持論。

 

iidaおじさん
バックパッカーっていう名前って憧れるー

 

ドミトリールームって英語話せなくても大丈夫?

全く問題なし!!

 

iidaおじさん
ごめんね!英語無理!

 

って日本語で言えば大丈夫!

ってちょっと適当なことを言ってしまったけど、、、、

 

でも、本当に大丈夫。

英語の勉強したかったらどんどん交流して

英語を教えてもらえば良い。

 

英語は別に話せなくても良いから、

その土地の景色や街並みや食事を楽しみたい。

っていう人は英語話せないんだーわからないんだーうふふふー。

 

って誤魔化せば、相手は大抵空気を読んでくれます。

一番大切なことは無理しないこと。

 

自分の旅のスタイルに合わせてドミトリーの泊まり方も決めて良い。

英語話せなくても問題なし。

英語話せない人もたくさんいたー!!

 

だから心配することなんて全然なし。

ドミトリーぼっちと化しているときもあったなー。

ドミトリーぼっち、気楽で良いですけどね。

と思うのは僕だけ?

 

ドミトリールームの必需品は?

 

iidaおじさん
では!必需品を発表しまぁす!

 

まぁ世界一周旅行の持ち物とかぶるものもありますが、、、

・耳栓

これは説明いらず。

 

・アイマスク

なくても良いけど、24時間照明が点いている宿で

アイマスクして寝ると熟睡度が違ってきます。

 

・ビーチサンダル

これは死ぬほど便利。

持っていかないと損しますね。

特に、シャワー浴びるときとかないと困ります。

 

・トラベルシーツ

ほぼほぼ使わないけど、あったら便利。

シーツないとことか、

シーツあっても汚いところとかで使います。

コンパクトになるので持ってても良いかなと。

 

・延長コード

これは主に海外の宿で使います。

変なところにコンセントがあるところが多いので、これでカバー。

ベッドでスマホやパソコンを充電しながらいじります。

2m暗いのがちょうど良いかも。

 

・電源タップ

これは延長コードを使うまでもないところで使います。

 

・南京錠

ロッカーの鍵を閉めるのに使います。

大きさが違うものを用意しておくと

色々なロッカーの鍵に対応できます。

 

・シャンプー・リンス・ボデーソープ

201207262158

iida
ボデーソープ必要だっぺー。

長期の旅の時はある程度大きいボトルの方が良いです。

あの小さい旅行用のボトルだと秒速で無くなります。

 

・ジップロック(防水ケース)

ロッカーがない宿、

あるいは、ロッカーがあってもロッカーには

入れたくない財布などの超貴重品を入れます。

シャワーに行くときに持っていきます。

 

・タオル、髭剃り、歯ブラシタオルは速乾タオルが良いです。

吹き心地は悪いですけどね汗。

 

iidaおじさん
ちょっと息臭いか確認して。はぁ〜。
ヤング
クッッッッッサ!!

 

歯は磨きましょう。汗

 

まとめ

 

ドミトリー怖いー。

嫌だー。

っていう人も試しに一度泊まってみるのが良いですね。

 

僕も最初イヤでした。

マジでイヤでした。

交流するのとかマジで苦手だったんで。

 

iidaおじさん
話しかけないでー

 

ってなってました。

でも慣れてしまうんですね。数日で。

頑なに拒むよりも数日間だけ体験してみてください。

ぜひ!


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です