渡辺和子さん著『置かれた場所で咲きなさい』っていう言葉が嫌い。書籍レビュー、感想

 

iidaおじさん
置かれた場所で咲かなくてもいいよね

 

どうも、iidaです。

 

ということで、

渡辺和子さんが書かれたベストセラーの

『置かれた場所で咲きなさい』

を読んだ感想や内容を書いていきますね。

 

1日で余裕で読める内容でしたので、

読んでみると良いです。

 

ちなみに本の中で、

置かれた場所で咲かなくてもいい

とも言っています。

 

iidaおじさん
いいのかよ!

 

と思わず本にツッコミんでしまったiidaです。

 

置かれた場所で咲きなさいの内容

 

僕はこの本の置かれた場所で咲きなさいっていうタイトルを見て、

分かる気はするけど嫌いかなって思った。

置かれた場所が悪かったら咲く場所変えたいなって。

 

本の中では置かれた場所で咲くということについて

書いてあるのが少しだったなって思います。

書いてないんかいって思いました。

 

どのように考えて、どのように生きていけばいいのか

多く語られていましたね。

 

宗教的な言い回しもありますが、

基本的に納得出来るような内容が書かれてあって

良い本だなって思ったなー。

 

タイトルが嫌だったからずっと読んでなかったんです。

読まず嫌いだった。

タイトルだけで判断するのはもったいないと思った本。

 

なんだ意外とやるじゃん!この本!

っていう偉そうな事を考えてしまった。

ただやっぱりタイトルが嫌い。

 

・『咲く』という事は?

『咲く』という事は仕方がないと諦めることではない。

自分が笑顔で幸せに生きて、周囲の人々も幸せにすること。

だと言っています。

 

自分も周りもみんな笑顔で過ごせるなんて最高だ。

いつもそうとはいかないかもしれないけど、

そういう心がけは超絶大切!

 

話は違うかもしれないけど、

笑顔で挨拶されるのと、

真顔で挨拶されるのって

気持ちがエグいほど違うよね。

笑顔の挨拶は幸せを感じる。

 

 

・仕事の奴隷になってはいけない

その通りです!!

良い言葉だ。

この言葉は心に響きましたね。

 

iidaおじさん
ズキュン
ヤング
ウゼェ!

 

僕も仕事の奴隷になってしまっていた。

サラリーマンは仕事の奴隷になっている人が

たくさんいると思うんだすだす。

 

仕事って生活の大多数を占めています。

週に5か6日働いている人が大半ですよね。

その時間全てが奴隷になってはいけない。

 

・こんなはずじゃなかった

こんなはずじゃなかったと思っても、

そんな状況で咲く努力をしよう。

 

咲く努力はしても良いけど、

身を擦り減らして病気になるくらいだったら

違うところへ行った方が良いよね。

っていうのが僕の意見。

 

見切りを早くつける新入社員とかカッケーな。

4月に入社して4月にやめまーすみたいな。

そして、違う道に行って成功したら

センスあるなーと思いますね。

 

置かれた場所で咲く努力もせず、

違う場所に行ってちゃっかり咲いちゃう人。

iidaおじさん
器用だなー。

 

 

・他人まかせでは幸せは得られない

不平をいう前に自分から動く

とも書いてありました。

 

iidaおじさん
その通りです!

 

自分でどんどん積極的に行動していくことで

未来は変わっていきます。

 

僕も自分で意思を持ってどんどん行動したことで

未来を変えることができました。

iidaおじさん
行動して良かったああああああ

 

それまでは周りがどうにかしてくれるだろうと

思っていましたね。

 

iidaおじさん
イタイ奴だぜ、昔の俺。
ヤング
今もイタイ奴だよ!

 

7つの習慣である『主体的である』という事ですね。

自分の意思で行動する事で周りも変わっていきます。

他人が変えてくれるだろうではイカンですね。

波平さんに怒られます、カツオのように。

 

・他人からして欲しいと思うことを他人に行いなさい

 

iidaおじさん
わかりました

 

たくさん良い言葉が詰まってますね、

僕の読まず嫌いだったこの本には。

読んでよかったああああああ。

 

他人に与えることが大切ですね。

自己中ではダメなんだなー。

これして欲しいと思っててもダメだ。

与えなきゃ。

 

でも与えようと思って、与えるといやらしくなる。

だから自然と与えられるような人になる。

 

素の時に自然と与えられた時を思い出すと、

本当に気持ちよかった。

相手も超絶喜んでくれるし。

 

相手が笑顔になって欲しかったら、

自分が笑顔になることが大切。

これ忘れちゃう、、、、

 

・不機嫌は立派な環境破壊

不機嫌な人といると死ぬほどツライ。

周りの環境をどんどん破壊していきます。

 

不機嫌な人は悪玉菌を感染させます。

人のことを嫌な気持ちにはさせたくないですよね、

しかも自分の不機嫌が原因で、、、、。

 

周りが穏やかなムードなのに、一人不機嫌な人がいると

ムードがすんげー悪くなんだ。

きまずい!!みたいな、、、、。

みんなで顔を合わせてザワザワします。

そんな不機嫌な人にはなりたくないですね。

 

・倒れても立ち上がり、、、、

倒れても立ち上がり、歩き続けることが大切

咲くべきところでこれをやるのが良いです。

何回うまくいかなくても、うまくいくと信じて

何度も何度も挑戦せねばならぬ。

 

倒れて、そのまま挑戦することを諦めてしまったら

そこで終わりになってしまう。

 

だから、諦めが悪いバカは最強なんですね。

倒れてキズを負っても、また歩き出します。

歩き続けよう。

 

・一生の終わりに残るもの

一生の終わりに残るものは、我々が集めたものではなく、

我々が与えたものだ。

 

これも与えることの重要性を言っていますね。

奪っちゃだめ。

待っててもだめ。

 

周りの人たちの生活が良くなるように

与え続けていくことが重要なんだなー。

 

一生の最後に何も残らなかったら

それは悲しいぜ。

悲しすぎるーー、うおおおおおおお。

 

・どうしても咲けない場所だったら?

どうしてもここでは咲けないと見極めたら、

場所を変えたらいい。

私の教え子にも離婚をして幸せになった。

あるいは転職をして幸せになった人もいます。

 

iidaおじさん
はい!ついにきました!

 

場所は変えても良いんだ!!

良かったああああああ。

どうしても咲けない場所があるということですね。

 

離婚しないままずっと悪い夫婦仲だったら人生がつまらなくなる。

仕事の奴隷になってしまう会社だったら人生がつまらなくなる。

環境変えて良いよおおお。

 

自分で咲く場所を見つけて、

思いっきり笑顔になれる場所で咲きましょう。

そうしたら周りもハッピーです。

 

置かれた場所で咲きなさい?いやだよ。

 

iidaおじさん
では思いっきり僕の考えを書きます。

 

置かれた場所で咲かなくて良いです。

咲いた場所が悪かったら踏まれまくります。

国道の真ん中に咲いたら咲いた瞬間散ります。

 

プランターで咲いたら大切にされます。

そして、綺麗に咲けます。

 

置かれた場所で咲かなくたって良いんです。

自分で咲く場所を決めて良いです。

もっと自分で自分の人生を生きて良いんです。

 

好きなことしましょう。

自分が信じた道進みましょう。

死ぬ時、良い人生だったなーって言えるように行動しましょう。

 

死ぬ時、後悔するんなら今から変えるんです。

昨日の自分、さっきまでの自分と違うことをする。

 

通ったことのない道を通ってみる。

入ったことのない店に入ってみる。

 

旅しましょう。

冒険しましょう。

 

冒険したら、それが経験になって、

引き出しが増えて、ネタが増えて、

人生が豊かになります。

 

ワクワクします。

ワクワクすると心が踊ります。

ウキウキします。

 

我慢するのやめて、自分に正直に生きましょう。

難しく考えなくて良い。

 

自分の興味が湧いたこと調べましょう。

やってみましょう。

それが仕事になるかもしれない。

 

やってみないとわからない。

経験ってめっちゃ大事です。

 

経験すると会話増えます。

経験したこと喋れるようになります。

 

旅行行ったら、友達とかに感想言いませんか?

面白いことあったら知り合いに話しませんか?

 

行動することでどんどん人生楽しくなります。

どんどん経験です!

どんどん行動です!

どんどん旅です!

 

iidaおじさん
どんどんどんどん!!
ヤング
うるさいなーー

 


人生変えちゃいませんか?

今なら簡単に1万円稼げるウソみたいな企画を開催中です!まずは1万円稼いでみましょう!

無料LINE登録で、あなたの悩みのご相談も出来ます。お気軽に友達追加してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です